〒862-0950
熊本県熊本市中央区水前寺1-5-4下村ビル2F

096-385-1551

木村歯科クリニック 熊本市

HOME スタッフ紹介 クリニック紹介 医院理念 診療時間・アクセス

移植・再植

HOME»  移植・再植
スタッフ募集 現在歯科衛生士を募集しております
モバイルサイト

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

①移植・再植について

皆さん、ご存知ですか?抜歯の原因で歯牙破折が虫歯、歯周病の次にくる3番目の理由になっています。歯科も破折の場合、前述の虫歯や歯周病と違って、すぐ抜歯宣告をせざるを得ないことがほとんどです。
一本の歯を残すことが周りの歯を削ることなくより永く保つことができます。出来るだけご自分の歯で噛んでいただけるように、当クリニックでは破折して他院で抜歯と診断された歯でも再植・移植術にて極力保存できるよう努めています。

②再植

歯が割れてしまった場合、通常は抜歯しなければいけません。
しかし、当クリニックでは再植という方法で、割れた歯も抜歯せずに咬めるようになります。

再植とは、割れた歯や、根の治療を行っても治らない歯を一旦抜歯してお口の外で病巣の除去を行ったり、割れた歯はチタンという身体に優しい素材でできたネジで歯を固定して再び歯肉の中にもどす外科的治療法です。

なお、再植を受ける際にはCTによる精査を受けていただくことがあります(5000円~(税抜き価格))。

料金:80,000~100,000円(税抜き価格)

隔壁を用いた治療の画像

1.X線写真上で歯肉の下までおよぶ破折線が認められる。

隔壁を用いた治療の画像

2.手術時に抜歯された歯。2つに割れていた。

隔壁を用いた治療の画像

3.特殊な接着材で再び1本の歯に修復した。この後歯肉にもどして約2~3ヶ月生着するのを待つ。

隔壁を用いた治療の画像

4.X線写真。術後4年たった現在も特に問題なし。

隔壁を用いた治療の画像

歯肉は健康的な状態に回復している。

③移植

歯牙移植は主に、歯が抜けてしまったところに親知らずを移植します。
そのため、移植に使用可能な健康な8番(親知らず)が生えていることが、移植の最低条件です。
また、親知らずを移植する場合でも保険適用となるためには、抜歯したその日のうちに親知らずの移植を行う必要があります。
移植した歯は、他の歯と同じように機能することができます。
インプラントと違い、自分の歯を移植するためアレルギーの心配もなく、また生体への適応力が高いため噛んだ感触の再現性が高いです(ただし、生体への適応力には年齢などによる差があります)。

症例

初診時の口腔写真

う蝕(虫歯)の治療1う蝕(虫歯)の治療2う蝕(虫歯)の治療3

う蝕(虫歯)の治療がしたいと当クリニック受診(24歳女性)
左下の一番奥歯(左下7)が大きな虫歯により残根状態。

う蝕(虫歯)の治療4 う蝕(虫歯)の治療5

デンタル写真にて根尖部に広範囲の透過像を認め、歯を残すのは厳しいと判断。

う蝕(虫歯)の治療6
初診時のパノラマ写真

患者様の「自然に噛めるようにしたい」との強い希望により、左下7を抜歯し、そこに左下の親知らずを移植することになった。

親知らずの移植症例7親知らずの移植症例8

経過
術前
術前
移植直後
移植直後
術後24年経過
術後24年経過
    ・術後約3ヶ月後 → 根の治療
・術後約6ヶ月後 → FCK セット
 
術前(レントゲン写真)
術前(レントゲン写真)

 

術後24年経過(レントゲン写真)
術後24年経過(レントゲン写真)
術前
術前
術後24年後
術後24年後

移植後24年経過した現在において、痛みや腫れなどの症状はなし
患者様からも「普通の歯と同じように噛めることができます」と満足されています。

適応(対象)

  • 歯が1本欠損して(1本無くて)親知らずは残っている方
  • 1本インプラントを検討されている方
  • 大きな虫歯が奥歯にあり、抜歯しなくてはならない方、抜歯を検討されている方
  • 歯にヒビが入ったり、割れたりしている方
  • その他、歯に痛みやうずきのある方(診断で状態を見てから)

注意点

  • 移植を受ける前に、CTによる精査が必要となります。(CT撮影:5000円~(税抜き価格))
  • 移植した歯は、歯の根の周囲にある歯根膜という組織によって骨とくっつきますが、歯の中にある神経は残念ながら再生できません。
    そのため移植した後に歯の神経の治療が必要になります。
  • 一度お口の外に出しますので、将来的に歯の根が吸収される事があります。
  • 将来的に身体が移植した歯を異物と認識して移植した歯を排除してしまうことがあります。
  • 歯を移植する場所に対して、歯が多き過ぎたり小さ過ぎたりする場合は移植することができません。

詳しくは当クリニックにご相談ください。

治療方法・手順

  • お口の中をお掃除する(清潔でないと、移植した歯がつかないことがあります)
  • 歯を抜いて移植します
  • 次の日消毒をします
  • 1週間後、糸をとります
  • 約1ヶ月後、歯の根の治療を始めます
  • 約2ヶ月後、状態が良ければ根の中に最終的なお薬をいれます
  • その後、状態が良ければ歯に土台を築盛し、歯に補綴物を被せます
※その後は6ヶ月~1年毎に移植歯の検査を行っていきます

料金:要相談

条件によっては、保険適応外になることがあります。

pagetop